ウエストが太くなったら要注意

中性脂肪が高くなってもそれだけでは症状が現れません。健康診断など血液を測定して初めて中性脂肪が高いことがわかることが多いです。

中性脂肪の値は自分では高くなったことに気が付きませんが、大きな目安になるのがウエストが太くなることです。

急にウエストが太くなったときなどは要注意ですから、その時点で中性脂肪が高くなっていないか気を付ける事が必用です。

中性脂肪が高いと生活習慣病になる可能性も高くなり、いろいろな健康障害に繋がりかねません。肥満を防ぐ=中性脂肪を減らすことに通じます。

それには食事療法や運動療法がありますが、ごく普通の生活習慣を正す「行動療法」があります。

この行動療法というのは、早寝早起きの規則正しい生活や、食事の時間を決めて、1日3食をきちんと摂ること。そして、夕食の量は控えめにして夜8時以降は食べない。

早食いや、ながら食い、つられ食いはやめる。空腹時に食料品を買いに行かない。インスタント物やレトルトはなるべく食べない。食事のときは大皿でなく、一人分ずつ盛る。もったいないからと言って食べることはせず潔く捨てるなどの行動療法があります。

要は、規則正しい生活と食べ過ぎないということですが、太り気味の人は知らず知らずに悪い生活習慣を続けていることが多いです。

体重を減らすことでエネルギー代謝の少量が減り、インスリンの量も減ります。中性脂肪を減らすにも大きな効果がありますが、なんといってもスリムになって美しくなると、オシャレもたのしくなります。

それと、体重を減らしてみるとわかりますが、3~4k体重が減っただけでも体が軽くなって動くことが楽になりますよ。心臓に負担もかかりませんしお勧めです。

体重を減らそうと頑張るとき、中性脂肪を減らす効果のある健康食品やサプリメントを利用すると健康的に体重を減らせます。試してみてください。