エネルギー量を適切に

中性脂肪を減らすために気を付けなければいけない食事の仕方には「エネルギー量を適切に」ということがあります。早い話が食べる量を適切にして、食べ過ぎはいけません!ということなのですが、これが案外守られないようです。

守られない原因、それは、中性脂肪が高いですよと健康診断で指摘されても、痛いわけでもかゆいわけでもないので、本人があまり気にせずに真剣に中性脂肪を減らそうと努力をしないことです。

中性脂肪が高いと診断されたばかりは、困ったと思って真剣に始めるのですが、だんだん守らなくなってしまいますが、私自身もそうでした。

糖尿病による神経障害が出たときは、心底「困った!!!」と、思いましたが、そのうちに慣れっこになってしまって、30分かけて食べるのもいつの間にか20分になっていたり、スクワットも1日3回行うつもりが1日に1回しかやらない時も。

自分でもきちんと守れないのに、この私が言うのはお笑いなのですが、食べ過ぎている体を放っておくことは怖いものがあります。

エネルギー量を摂りすぎない、食べ過ぎない、そのためには、ゆっくり噛んで食べることをお勧めします。

1日に必要なエネルギー量というのは、標準体重(kg)ⅹ標準体重1kgあたりに必要なえネルギー=1日に必要なエネルギー(kcal)ということになるのですが、これだけでは食物にどれだけのエネルギー量があってということがわかりません。

厚生労働省のHP,「肥満を防ぐ食事」ということに詳しく書かれていますので、それを見ればわかりやすいのでお勧めします。

食事で中性脂肪を改善出来ればベストですが、なかなかそう簡単には下げられないところに難しさがあります。やはり中性脂肪を下げるには、健康食品やサプリメントの利用も大切」だと思います。