メタボリック対策

メタボリックシンドローム、いわゆるメタボと診断される材料となるのは、「ウエスト周囲」「高鶏グルセリド血症」「収縮期血圧あるいは拡張期血圧」「空腹時血糖」で、これら調べて判断されます。

特に、ウエストサイズが注視されて「上半身型肥満」と呼ばれる肥満型に注意が必要です。

病気は何らかの原因があって起こるものですが、メタボの原因となるものには、偏った食事、運動不足、体質、ストレスなど、これらの原因が複合して起こります。

これらの原因の幾つかが重なりあうことで発病リスクは高まりますが、原因が複合化しているだけに本人も気付かないうちにメタボリックになっているケースが多く、ウエストが太くなった=メタボリックとはなりません。

しかり、男性でウエストが85cmを越えたとき、女性では90cmを越えたときは、内臓脂肪が増加している可能性が高いと言えます。従って、ウエストサイズはメタボの大きな目安となっています。

メタボリックになる原因も、また中性脂肪になる原因もよく似ていますが、メタボリックは、内臓に脂肪が溜まって起こり、中性脂肪は、肝臓に脂肪が溜まって起こります。そのため、中性脂肪が肝臓の大敵と言われるゆえんです。

メタボリックにならないための対策には、食事に気をつけたり、適度な運動をすることが大切ですが、ウエストの内蔵脂肪を減らすには、有酸素運動が高い効果を上げています。

また、筋トレで基礎代謝を上げることで太りにくい体質になる方法もあります。いずれにしても、中性脂肪対策と、メタボリックの対策は通じているものがあります。