中性脂肪とコレステロールの関係

中性脂肪とコレステロールはイメージ的にもよく似ていますが、まるで違います。

中性脂肪も、コレステロールも共に、脂肪の多い偏った食事や食べ過ぎなどが原因で高くなるように、コレステロールも脂肪の一種です。コレステロールの場合も中性脂肪と同様に、過剰に貯まりすぎると害が出てきます。

体内には、「コレステロール」と「中性脂肪」の他、「脂肪酸」と「リン脂質」の4種類の脂肪があります。

中性脂肪の働きは、脂肪の細胞の中で脂肪酸と変わり、必要な時にエネルギーとして使われます。コレステロールは、ステロイドホルモンの材料、胆汁酸の材料にもなります。

脂肪酸は、人間が生命を維持するのに必要なエネルギーとして使われ、リン脂質は、細胞膜を構成していて、水に溶けにくい物質を結びつきやすくする働きをします。

コレステロールには善玉と悪玉があり、中性脂肪が増えると善玉コレステロールが減り、悪玉コレステロールが増えます。

【中性脂肪が増えるとコレステロールも増えてしまう】という結果になるのです。そして、血液中の悪玉コレステロールが増えた結果が、「高脂血症」であり、高脂血症の数値が高くなると動脈硬化を起こす原因ともなります。

高脂血症には“中性脂肪値”が高くなった結果起こる「高トリグリセライド症」と“コレステロール値”が高くなった結果起こる「高コレステロール症」とがあります。

これらは、その数値が高くなった段階では自覚症状もほとんど出ないで、動脈硬化になって初めて発見されることが多いです。

上記の他にも中性脂肪が高いと様々な病気に繋がってしまうため、高くなった中性脂肪は早めに減らす必要があるのです。その助けになるのが健康食品やサプリメントなのです。