胃がんのリスクが高まる

胃は、私たち人間の内蔵の中では一番理解されている臓器だと思います。例えば他の臓器、膵臓などが痛くても膵臓が痛いなどとすぐには思いもしませんが、胃が痛いのはすぐわかりますし、胃のもたれもすぐわかります。

胃はお腹にある袋状の形をした臓器で、胃の形もほとんどの人が知っていると思います。

胃の主な働きは、食で物を一時的に貯くわえておくことと、もう一つは、食べた物を消化する働きです。

食べたものを一時的に蓄える時間は、胃を通過するまでの1~3時間と言われています。そして、貯える働きと消化の働きの他のもう一つの働きに殺菌があります。胃の中にある胃酸が食べた物から一緒に入ってくるバクテリアを殺菌しています。

胃がんが起きる原因としては、喫煙、食生活の習慣などがあげられ、メリコバクターピロリの感染というのが挙げられています。

そして、最後にがん増加原因として、脂肪の過剰摂取からの中性脂肪が原因での胃がんが挙げられています。そして、太りすぎも癌になるリスクを高めることもわかっています。

中性脂肪から胃がんになる割合は、塩分の摂りすぎからによる胃がんの割合よりは少ないとはいえ、中性脂肪には十分注意したいものです。

そして、がんではないのですが、20~30代の若い人に最近増えているのが逆流性食道炎と飛ばれる胃の病気で、食べ過ぎやのみすぎ、脂っこいものを摂りすぎる中性脂肪の高い人に多く、この発病を減らすにも、やはり中性脂肪を減らすことが呼びかけられています