運動が「両刃の剣」になるときも

健康のため、あるいはかかってしまった糖尿病他の各種病気に適度な運動が勧められています。とても大事な事なのですが、良かれと思ってした運動が「両刃の剣」になることもありますから注意してください。

糖尿病などの病気で運動療法を行うときは注意されると思いますが、気を付けなければいけない条件として、まずは次の自覚症状があるときです。「胸痛」「動悸」「息切れ」「めまい」「失神」「腰痛」「関節痛」などです。これらの症状があるときは、医師に相談して運動をきめてください。

そして次にあげる病気があるときも、医師に相談して運動の方法や量をきめてください。

各種心臓に関しての病気や、腎臓や肝臓などの内蔵の病気他、肥満症の方なども心臓に負担がかかり過ぎる恐れがあり要注意です。必ず担当医に相談してください。

そして上記のような病気があるにしても個々の患者さんの病気の重さや、年齢や体力によっても運動の方法も量も違ってきます。

健康のために自分で運動を始める時は、一気に運動量を多くするのではなく、徐々に増やしていってください。ウォーキングなら30分以上がお勧めですが一度に30分いじょうにしなくてもて、だんだんにふやしていくこと、そして、できれば毎日続けることがいいのですが、無理なら1週間の2日以上続けることを目標にしてください。食後の満腹の時の激しい運動を避けることも大事です。

適度に体を動かすことで脂肪を燃焼させて内臓に脂肪が付くことを防げます。中性脂肪を高くしないためにぜひ、実行することをお勧めします。