食べ方に注意を

最近になって、ネットでもテレビでも食べ方とか、食べる順序によって、体への摂りいれられ方が違うことがちょっとした話題になっています。

そして、中性脂肪を下げるにも、ダイエットにもこの食べる順番を気を付ける方法も取り入れられるようになりました。

食事をする時は、まずは汁物や、野菜をたっぷり食べます。野菜などの植物繊維をまずすいたお中に入れるのですが、植物繊維の食べ物とは、キャベツや、ホーレンソー、ブロッコリー、きのこ類や海藻類などです。

植物繊維は、人間の消化酵素では消化されないのでエネルギーにならないのだとか。そして、そして後から食べたお肉やごはんの炭水化物が分解されて糖の吸収を遅らせて血糖値が高くなるのを防いでくれます。

従ってこの食べ方は中性脂肪を下げる効果やダイエットに良いばかりでなく、糖尿病の食事療法にも取り入れられて、効果を上げている食べ方です。

また、植物繊維を多く含む食物はよく噛む必要があり、自然とゆっくり噛むために食べ過ぎることも防げます。

中性脂肪は案外厄介なもので、かなり苦労している人もいます。その方はもうじき50歳という年齢ですが、中性脂肪を高くしないように気を付けていて、でも、うっかりすると栄養失調状態になってしまうというのです。なので、特定保健用食品のマークがついた中性脂肪を下げるサプリメントを飲んでいるといいます。

お付き合いで量をたくさん食べるようなときにはそのサプリメントにはたすかるといっています。中性脂肪の数値が気になるあなたも試してみてください。